/Blade Runner


えっ、先着1億人でも、ギネスに載れないの?

AWa-UTa/Canon



 さてさて、恒例(にしたい感じ)の「いろんな曲でアワウタを唄おう!」です。アワウタを歌詞としたカラオケ動画ということになります。

 初回は、よく知られている曲にしました。かみそうな名前のカノンで有名なパッヘルベルさんの曲。というか、その曲です。……ちょっと、へそ曲りな文章。性根がそうなのか、気を抜くと自然に乱れてきます。

 その昔、イサナギとイサナミは、言葉の乱れを正すためにアワウタを唄い、全国を回った。ホツマツタヱにはそう記されています。

 当時はエムピースリーとかはないし、今となってはメロディが分からない。自分は当初、適当に唄っていましたが、パソコンで音楽を聴きながら、「をっ、この曲なら唄えるなぁ」と、そういう発見を楽しむようになりました。

 カノンは追複曲とか、輪唱とも訳される音楽様式です。一般的な輪唱は同じ旋律を追唱しますけど、カノンは異なる音階から始まる場合もある。リズムが二倍になったりもする。

 このカラオケ動画でも、途中から二倍で唄うように歌詞を振っています。唄い方を間違えて中断しても、適当に再開できたりして、それはカノン様式ならではという感じです。

 美術や建築では、人体の理想的比率に基づく様式をカノンと呼んだり、小説などでは、「真にその作品世界を構成するもの」とそうでないものとが区別される現象をカノンと呼んだりするらしい。これらは、カノンが、ユダヤ教やキリスト教で聖書の正典を意味することに由来するようです。

 関連性があるかどうかですが、発音が観音に似ています。「音を観る」。そういう意味ならば、言霊を表現するのにぴったりな感じがします。

 映像では、瑠璃さんが描かれたイサナギとイサナミのイラストを使わせていただきました。ご快諾に、感謝申し上げます。


2017年5月12日

Incantations Part 4



 都市伝説や陰謀論でお馴染みなのが六芒星。五芒星もよく目にします。どちらもいろいろ奥が深いです。

 フトマニ図も奥深さでは引けを取らないわけですけど、これには、いくつもの八芒星が隠れています。

 とほかみゑひため
【トホカミヱヒタメ】この八芒星の神々は、魂(タマ)の緒を地上に吹き降ろし、魄(シイ)と結び合わせ、人の寿命をもたらす。

 あいふへもをすし
【アイフヘモヲスシ】この八芒星の神々は、方位と言葉、人の内臓を司る。

 やきぬえこよゆゐ
 はちむねおそつな
 まにうてけろんさ
 らりくせれのるわ

【ヤキヌエコヨユヰ・ハチムネオソツナ・マニウテケロンサ・ラリクセレノルワ】四つの八芒星。この三十二神は、人の容姿を司り、休みなく寿命を守る。

 フトマニ図の神々の名を、このように八芒星を描くように唱えることで、ヒーリング効果が得られるとも言われている……。

 前の記事では「粒子」が云々と書きましたけど、八芒星の神々は「波動」に関連しているのでしょう。五とか六とか八とか、数や形というのはそういうものだと思います。

 テレビは都市伝説をやりすぎたりしているようですが、それが物事の本質を明らかにするものかと言えば、そうではない場合が多い感じがします。陰謀論もほとんどがそうでしょう。

 数や形の本質といった事象については、自分なりに調べなければです。とは言え、沢山の情報を仕入れたところで理解できるとは限らない。

 動画ソフトであれこれ作業している中で、何かしら発見があったら良いなぁと、そんな感じで始めた次第です。

2017年3月18日

Incantations Part 1



『インカンテイションズ』は、辞書的には呪文という意味。でも、言霊(ことたま)ってことにしちゃいたい気分です。曲を作ったマイク・オールドフィールドは、ケルト感たっぷりな音楽家でもあります。


 映像では、パーティクルという技術を使っています。美しい髪……、それはキューティクル。パーティクルには、「粒子」といった意味があります。


 ひとつひとつの粒子は、中心から生じ、中心へと戻っていく。始まりと終わり。生と死。循環を繰り返す。


 ひとつの粒子を自分だとイメージしてみる。あらゆる生命が粒子のようなものだとイメージしてみる。


 循環する全体を、地球だとイメージしてみる。あるいは地球も粒子のひとつだとイメージしてみる。小さな細胞もまたそうである。自分、そして自分の外側にも、内側にも、無数の循環がある。それらをイメージしてみる……。


 アウワ

 あうわ
 分かれの始めなり
 分かれの終わりなり


2017年2月18日

旧正月


futomazouni


 今日は旧正月。

 正月というのは「正しい月」と書きます。現在のお正月は、旧正月とは異なり、月という衛星の運行・状態に則した暦ではないので、正しいも何も、あんまり関係ない。── 以前は、そんなことは全く意識せずに、新年を祝っていました。

 フトマニ図というものがあります。モトアケとも呼ばれます。その中心にはヲシテ文字で アウワ(アウワ)と書かれている。上下に二つの渦巻きがある。

 写真のように、お雑煮にナルトが二つ入っていればフトマゾウニ、というなんちゃって。

 今日が本当のおしょうがツー。
 ナルトもツー。

2017年1月18日