AWa-UTa/Etude



 君たち女の子♪
 僕たち男の子♪

   *

「男の子」と言うには、食べる豆の数が膨大です。こういう歌を知っている時点で、そうだとも言えそうです。

 昔は「数え年」を使っていて、お正月に皆んなが一つずつ歳を重ねました。各人の誕生日を祝うというのは、明治になって「満年齢」を使うことになり、そして、戦後の経済成長と共に広まった風習のようです。

「数え年」だと、生まれた時点で一歳。「満年齢」の場合、生まれて一年が経つまでは〇歳。「ゼロ」の概念にも関係してくることですね。歳の数え方ひとつでも、人々の意識の在り方は大きく変わってきているんでしょう。

 今日は旧正月です。ブログの開設から一周年でもあります。久しぶりに、「いろんな曲でアワウタを唄おう!」を作ってみました。今回は男性ボーカロイドのKAITOを加え、初音ミクとのデュエット仕立てにしています。

 音楽はマイク・オールドフィールドの「エチュード」。ギターの名曲「アルハンブラの思い出」を彼がアレンジしたもので、映画『キリング・フィールド』のエンディングに使われた曲です。「エチュード」にはフランス語で「試み」という意味があります。

 フォントは、RJヲシテ・トコヨ体W5を使っています。

   *

 男の神、女の神
 イサナギ、イサナミ
 左回り、右回り
 膨張、収縮
 分散、整列
 表、裏
 見る、見られる
 聞く、聞かれる
 創る、創られる
 疑う、疑われる
 祈る、祈られる
 意識、無意識
 秘められること
 明かされること
 自ずと然り
 アで始まり
 ワで終わり
 巡り、巡られる

平成三十年元旦(旧暦)


AWa-UTa/Etude カラオケバージョン


2018年2月16日

宇宙を焼く2


フトマニ・クッキー


 (ウ)の一息から、(ア)と(ワ)の二つの渦巻きが生じ、そうして宇宙は始まった……。


 人類はまだ、宇宙創生を再現するまでの技術を持ち合わしてはいませんが、前回の「宇宙を焼く」では、アウワ(アウワ)の三文字だけを成形し、以下のように書きました。


いずれはフトマニ図48文字のコンプリートを、

などと思ってはみたものの、

「ウ」の成形だけでも苦心したことを考えると、

趣味で焼くには命を縮めるかもしれません。

あるいは、ここからが技術革新なのか……。


 今回、フトマニ・クッキー創生のために調達したのが、ローランド社の小型カッティングプロッタ・STIKA(ステカ)です。パソコンでデザインしたオリジナルの図柄を、シール状のステッカーとして切り出してくれるマシンで、廉価モデルのSV-8は3万円ちょいで買えます。



ステカ

カッティングマシン Roland DG STIKA SV-8


 Illustlatorを使って出力用のデザインシートを作成しました。ヲシテ文字はRJヲシテ・トコヨ体W3を使いました。STIKAからの出力によって、ヲシテ文字の輪郭線に切れ目が入ったビニールシートが出来上がります。シートに光を当てると切れ目が確認できます。



ヲシテ1

STIKAは、かなり細かいデザインも切り出せます


 ビニールシートを真鍮板に貼り付け、文字の部分をカッターやピンセットなどで剥がしていきます。これがなかなかの難作業で、丁寧にやらないと残しておくべき部分も一緒に剥がれてしまいます。真鍮板は200x365mmで厚さ1mmのものをホームセンターで購入。1枚2,250円。ヲシテ文字51文字(48文字+アウワの3文字)をレイアウトするのに2枚使用しています。



ヲシテ2

一文字一文字、丁寧に剥がしていきます


 全部の文字を剥がし終え、不要な露出部分にマスキングテープを貼ったものが以下です。黒地に金のヲシテ文字が綺麗です。これだけで、見とれていたい感じですが、作業はまだまだ控えています。ヲシテ文字は、最終的にクッキーに転写することになるため、Illustlatorでレイアウトする時に左右鏡像にしてあります。



ヲシテ3

格調高い黒地に金のヲシテ文字


 続いて、この真鍮板を金属用エッチング液に浸します。シールが剥がれているヲシテ文字の部分だけが、エッチング液によって腐蝕し、凹版となるわけです。エッチング液は塩化第二鉄の腐蝕液。500mlで410円でした。これをぬるま湯で3倍に希釈し、真鍮板を2時間浸しました。浸け込みが終わったら、重曹を混ぜた水でよく洗ます。重曹を使うのは腐蝕反応を止めるため。ビニールシートとマスキングテープを剥がし、真鍮板の作業が完了です。



ヲシテ4

文字部分が僅かに凹んでいます


 この、凹んだヲシテ文字の部分に、湯煎したチョコレートを流し込みます。文字からはみ出たチョコレートを綺麗に拭き取り、その上にクッキーの生地を置きます。それをオーブンで焼いたものが、冒頭のフトマニ図(クッキー仕様)です。


 いろいろと面倒な工程が重なりますが、完成したヲシテ文字の真鍮板の型は繰り返し使えます。大切なお客様のおもてなしなどに使おうと思います。


 去る2月10〜12日の3日間、いときょう先生による「ホツマ×琉球」というイベントが沖縄で開催され、最終日には、宜野湾市のESSENCE963にてワークショップがありました。今回のフトマニ・クッキーはこのワークショップに合わせて作った次第です。


 まずは、いときょう先生にフトマニ図の真ん中の「ウ」を召し上がっていただきました。口に入れた瞬間「うっ」とおっしゃるようなことはなく、喜んでいただき、ワークショップに参加された方から「美味しい!」と言っていただけ、作った甲斐がありました。ワークショップ会場のオーナーさんが飼っていらっしゃるネコちゃんも、1枚かじって、どこかに消えました。



ヲシテ・ネコ

みやあ(ミヤア)

写真提供:ハニーさん(イベント主催者)



2018年2月13日

フォントはじめました



 画像はフォント作成アプリケーションのデザイン画面。カタカムナ文字で「カム」と表示されています。

 今年の春からこのような作業を始め、ようやくお披露目の運びとなりました。縄文の世界観をイラスト化されている瑠璃の星☆彡の瑠璃さん。彼女と共同でフォントを作り、縄文フォルダというサイトにて、今日から公開を始めた次第です。

「RJヲシテ・毛筆体」と「RJカタカムナ・ウ体」の二書体をダウンロードできるようにしてあります。商用・非商用を問わずお使いいただけます。

「RJカタカムナ・ウ体」はブレードランナーの動画で使っていたものです。「RJヲシテ・毛筆体」は「緊張の夏」という記事で使っていたアウワ(アウワ)がそれです。

 一般的な日本語フォントには、沢山の種類があります。フリー・フォントだけで何百種類とあり、用途や表現に応じて使い分けることができます。

 伝統的な「書」の世界を継承した書体。幾何学的にデザインされた書体。まる文字やヘタ字といった現代的な書体、等々。多様なフォント環境が、多様な表現・文化を育んでいます。

 一方、古代文字や神代文字のフォントとなると、種類は極く限られます。少しずつでも豊かになるように、少しでも貢献できたらと思います。

「冷やし中華はじめました」の場合は、概ね夏限定。縄文フォルダは年中無休24時間営業です。どうぞご贔屓に。


2017年8月3日

緊張の夏



 夏の風物詩に蚊取り線香があります。あの業界も電子化が進み、少々風情がなくなりましたが、昔は渦巻き蚊取りでした。

 結局、痒いのがイヤなんですよね。蚊の皆さんに、極く少量の血液を差し上げることくらい、あの程度で彼らが喜ぶのならお安い御用。でも、その後に痒いのがイヤなのです。耳元のプ〜ンもイヤだけど、あれは一過性のもの。痒いのは後々にも尾を引きます。

 たかが痒み、されど痒みです。気が狂わんばかりに掻きむしることもあります。それが辛いものだから、つい、化学兵器を使ってしまう。ついつい、蚊取り線香に着火してしまう。

 ところが、あちらさんにもツワモノがいる。蚊取り線香上空十数センチ。煙を突っ切るように飛行し、平気そうにしている蚊がいたりする。

 そこで……、渦巻き蚊取りをダブルにします。片方を裏返します。写真のようになります。これぞまさしく、フトマニ図の中心部、アウワ(アウワ)のアとワ。始まりと終わり。

 蚊の皆さんだって、宇宙の法則を前にしては、緊張して、食事どころではなくなるかもしれない。

 火が点いていなくても、アワを見たら、どうか察してもらいたい。殺生が好きなわけではないことを。くどいようだけど、痒いのがイヤなのです。


2017年7月27日

AWa-UTa/Blade Runner



 三十五年振りなんだそうですね。今年公開される『ブレードランナー』の続編のことです。一九八二年に封切られた前作。仮にその時の劇場デートが元で子供が出来たとして、そのお子さん自身、とっくに出来ちゃった結婚していてもおかしくない年代です。

 レプリカント(『ブレードランナー』に出てくるアンドロイド)を開発したのはタイレル博士。天才科学者である彼が、優秀なレプリカントを出来ちゃった販売していたところ、そのレプリカントに、自らが命を狙われる。人間に反旗を翻したレプリカント。その始末を専門とするのがブレードランナーと呼ばれる捜査官。

 ハリソン・フォードが演じていたのもその役で、彼は続編にも出演しています。有能な捜査官で、近未来の若大将という感じだったハリソンですが、新作の予告編を見ると(ストーリー的にも30年が経過し)、すっかり散歩の達人の面持ちとなりました。

『ブレードランナー』のサウンドトラックは評判が高く、手がけたのはギリシャの鬼才・ヴァンゲリスです。エンディング・テーマも彼の手によるもので、今回の「いろんな曲でアワウタを唄おう!」は、それを初音ミクに唄ってもらいました。例によって、ボーカル無しのカラオケバージョンも用意しています(文末)。

 立ち並ぶ高層ビル。降り注ぐ酸性雨。星々の代わりにネオンやホログラムが輝く都市……。『ブレードランナー』が描く、そんな未来を追い越しそうな現在があります。世の中が乱れた時、自然とのバランスを失った時……、アワウタは、ディストピアにこそ必要なのかもしれませんね。

 今回はカタカムナ文字を使ってみました。カタカムナは、文字も文明も謎とされていますが、一説にはアンドロメダと関係があるとか。語源的には、アンドロメダとアンドロイドにも関連があるんでしょうか?

 フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』。それが 『ブレードランナー』の原作です。さてさて、ボーカロイドはアワウタで健康になるか? 



2017年6月9日

AWa-UTa/Summit Day



 自分の結婚式には、「てんとう虫のサンバ」をぜひともエッちゃんに唄ってもらいたい。だけど、エッちゃんは歌が上手いと引っ張りだこ。式の日は都合がつかない……。人気のある人へのオファーは何かと難しいものです。

 でも最近は、引っ張りだこでも、いつでもリクエストに応えてくれる歌い手がいて、有名なのが初音ミクです。この歌い手は、人気(にんき)はあるけど人気(ひとけ)はなく、無茶なリクエストにも文句を言わずに応えてくれます。

 と言うわけで、「いろんな曲でアワウタを唄おう!」の二回目は、初音ミクに唄ってもらいました。

 今回も瑠璃さんのイラストを使わせていただき、全シーンを構成しています。イサナギ、イサナミ、ヒルコ姫、ワカヒト(後のアマテル神)、ククリ姫、トヨケ(イサナギの祖父)と、登場人物も豪華です。

 命が誕生し、健やかに育っていく。豊かな自然に包まれ、人々が見守る。それがこの国の原風景という感じがします。使っている曲は、マイク・オールドフィールドの「サミット・デイ」。良き日、という意味。

 詳しいシーンの解説は、瑠璃さんの以下の記事をご参照ください。

■ イサナギ×イザナミ
■ 天照大神・ワカヒト誕生(恵那山・血洗池)

 アワウタには身体や心を整える働きがあり、健康に良いとされます。一音一音、ヲシテ文字を見ながら発声すると効果が増すとも言われます。なので、こういう動画も良いんじゃないかと思っているわけですが……。

 機械とハモるなんて、まっぴら御免。シンギュラリティがナンボのもんじゃい、と。まあ、そこまでは思わないかもしれませんけど、以下にヴォーカルなしのカラオケバージョンも用意しました。



2017年6月3日

宇宙を焼く


cookie



 「アウワ」を中心に据え、宇宙クッキーを焼いてみました。ダークマターはドングリ粉。いろいろが、縄文テイストです。

 フトマニ図の「ア」と「ワ」は渦巻き。レシピサイトなどを見ても渦巻きクッキーを焼いている人は結構いて、初めての自分にも楽チンだろうと思っていたのだけど、これがなかなかそうではなくて……。

 ドングリ粉を使う分、やや黒っぽくなります。なので、明るい部分では卵白をつなぎに使い、卵黄は暗い部分に使おうと。そうしたら、暗い部分の生地が硬くなって、加工しにくくなってしまいました。じゃあ、山芋をつなぎに使ってみよう、とか。いろいろ試したり失敗したものだから、レシピにした場合、小麦粉、無塩バター、きび糖等々の分量は全部、「材料分」としか書けない。── 宇宙はまだまだ定量化が難しいです(-_-;)

cookie
 これは、焼き上がった「ウ」の集合写真。宇宙の中心が金太郎飴状態なのがお分りいただけると思います。これをマルチバース的と言って良いかどうかはともかく、作っている途中の写真は他にはあまり撮っておらず、レシピにするにはその点も気を付けなければでした。

 スーパーに行ったら、ちょうど良いカンカラ入りのクッキーがあったので入れ物用に購入。冒頭写真の通り、このカンカラは外周に八つのクッキーが入る。なので、「トホカミヱヒタメ」や「アイフヘモヲスシ」で焼いても良い感じ。また、いずれはフトマニ図48文字のコンプリートを、などと思ってはみたものの、「ウ」の成形だけでも苦心したことを考えると、趣味で焼くには命を縮めるかもしれません。あるいは、ここからが技術革新なのか……。

cookie
 ドングリ粉は、源さんの「どんぐりパウダー」を使いました。源さんは、88歳の御歳(来たる8月8日に)ながら、ドングリにかける情熱では青春しておられます。源さんのドングリ食品はこちらから注文できます。


2017年5月27日

AWa-UTa/Canon



 さてさて、恒例(にしたい感じ)の「いろんな曲でアワウタを唄おう!」です。アワウタを歌詞としたカラオケ動画ということになります。

 初回は、よく知られている曲にしました。かみそうな名前のカノンで有名なパッヘルベルさんの曲。というか、その曲です。……ちょっと、へそ曲りな文章。性根がそうなのか、気を抜くと自然に乱れてきます。

 その昔、イサナギとイサナミは、言葉の乱れを正すためにアワウタを唄い、全国を回った。ホツマツタヱにはそう記されています。

 当時はエムピースリーとかはないし、今となってはメロディが分からない。自分は当初、適当に唄っていましたが、パソコンで音楽を聴きながら、「をっ、この曲なら唄えるなぁ」と、そういう発見を楽しむようになりました。

 カノンは追複曲とか、輪唱とも訳される音楽様式です。一般的な輪唱は同じ旋律を追唱しますけど、カノンは異なる音階から始まる場合もある。リズムが二倍になったりもする。

 このカラオケ動画でも、途中から二倍で唄うように歌詞を振っています。唄い方を間違えて中断しても、適当に再開できたりして、それはカノン様式ならではという感じです。

 美術や建築では、人体の理想的比率に基づく様式をカノンと呼んだり、小説などでは、「真にその作品世界を構成するもの」とそうでないものとが区別される現象をカノンと呼んだりするらしい。これらは、カノンが、ユダヤ教やキリスト教で聖書の正典を意味することに由来するようです。

 関連性があるかどうかですが、発音が観音に似ています。「音を観る」。そういう意味ならば、言霊を表現するのにぴったりな感じがします。

 映像では、瑠璃さんが描かれたイサナギとイサナミのイラストを使わせていただきました。ご快諾に、感謝申し上げます。


2017年5月12日

Incantations Part 4



 都市伝説や陰謀論でお馴染みなのが六芒星。五芒星もよく目にします。どちらもいろいろ奥が深いです。

 フトマニ図も奥深さでは引けを取らないわけですけど、これには、いくつもの八芒星が隠れています。

 とほかみゑひため
【トホカミヱヒタメ】この八芒星の神々は、魂(タマ)の緒を地上に吹き降ろし、魄(シイ)と結び合わせ、人の寿命をもたらす。

 あいふへもをすし
【アイフヘモヲスシ】この八芒星の神々は、方位と言葉、人の内臓を司る。

 やきぬえこよゆゐ
 はちむねおそつな
 まにうてけろんさ
 らりくせれのるわ

【ヤキヌエコヨユヰ・ハチムネオソツナ・マニウテケロンサ・ラリクセレノルワ】四つの八芒星。この三十二神は、人の容姿を司り、休みなく寿命を守る。

 フトマニ図の神々の名を、このように八芒星を描くように唱えることで、ヒーリング効果が得られるとも言われている……。

 前の記事では「粒子」が云々と書きましたけど、八芒星の神々は「波動」に関連しているのでしょう。五とか六とか八とか、数や形というのはそういうものだと思います。

 テレビは都市伝説をやりすぎたりしているようですが、それが物事の本質を明らかにするものかと言えば、そうではない場合が多い感じがします。陰謀論もほとんどがそうでしょう。

 数や形の本質といった事象については、自分なりに調べなければです。とは言え、沢山の情報を仕入れたところで理解できるとは限らない。

 動画ソフトであれこれ作業している中で、何かしら発見があったら良いなぁと、そんな感じで始めた次第です。

2017年3月18日

Incantations Part 1



『インカンテイションズ』は、辞書的には呪文という意味。でも、言霊(ことたま)ってことにしちゃいたい気分です。曲を作ったマイク・オールドフィールドは、ケルト感たっぷりな音楽家でもあります。


 映像では、パーティクルという技術を使っています。美しい髪……、それはキューティクル。パーティクルには、「粒子」といった意味があります。


 ひとつひとつの粒子は、中心から生じ、中心へと戻っていく。始まりと終わり。生と死。循環を繰り返す。


 ひとつの粒子を自分だとイメージしてみる。あらゆる生命が粒子のようなものだとイメージしてみる。


 循環する全体を、地球だとイメージしてみる。あるいは地球も粒子のひとつだとイメージしてみる。小さな細胞もまたそうである。自分、そして自分の外側にも、内側にも、無数の循環がある。それらをイメージしてみる……。


 アウワ

 あうわ
 分かれの始めなり
 分かれの終わりなり


2017年2月18日